どこへ向かってるのかわかりませんけど、自由に活動します。


by saya-10
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

今日は雨

毎日102才の老人と挨拶を交わす。
認知症が進んでるし目も見えないから、まったく何もわかってないけど「○○さんおはようございます。今日は入学式が近くでやってるよー/桜が咲いたよ/今日は雨だよ〜」などなど話しかける。すると「おはようございます。そうかそうか」など返ってくる。
すごい嬉しいんだよ。


1世紀生きてる。


自分の歯もあるし、髪もある。すごい独語も多くて毎日楽しそう。でも息子さんたちは亡くなってるんだなー…それ知らないんです。ってゆうか言ってもわからない。知ったら悲しいからわからないほうがいいかと思ったり。


自分だったらどうかなって思ったり。


老人たちはさ、「こんなの生きてたってしょーがない」って自分のことを言います。
悲しくなっちゃうんだよ、それ聞くと。
そのフレーズよく聞くから私もいずれそう言うようになって誰かを悲しい気持ちにさせるのかな。大変な時代を生きてきて、そんな悲しいこと言わないでほしいな…


何かの本で読んだなぁ。苦労した人には歴史があるって。味もでるよね。将来なんの味もない人にはなりたくない。
かといって苦労もしたくない…


ぬるい時代で生活してるから発言が甘い。のどがやけるほどにね。
自分残念。
[PR]
by saya-10 | 2011-04-27 20:40